サッカー語り人

好き放題サッカーについて語っています

日本代表 その他

Number創刊35周年記念号がヤバすぎる件

Number創刊35周年記念号がヤバすぎる件

スポーツ雑誌のベストセラーであるNumberが創刊35周年ということで、記念号が発売されました。

このヒデ&カズのナイスな表紙を見た瞬間、思わずポチッと買っちゃいました。(^^;)

内容はよく知らないまま買ったんですが、これがびっくりする内容の濃さ!サッカーファンなら絶対に永久保存版ですよこれ!

なぜこの内容で580円?!

580円で一体どれだけ濃い一冊か、ちょっぴり中身をご紹介します。

ヒデ&カズの対談(司会:ゾノ)

ヒデとカズの対談。

これだけでも十分興味深いのに、司会がゾノ。(笑)

ゾノのいじられっぷりが笑かします。個人的に思わずワロタところをちょっと載せます。ちょっとぐらいいいでしょ、Numberさん。

日本もそろそろ日本人監督を育てていかないといけないという話の流れからの一節。

ゾノ:○○ジャパンって言うじゃないですか。あれって本来なら岡田ジャパンみたいに日本人の名前につくべき名称だと思うんですよ。ザックジャパンとか、アギーレジャパンとかなんか違和感あるんですよね。そう思いません?カズさん。

カズ:いや、それは別に感じない。

ゾノ:えー!!そこでスルーですか?!

ヒデ:司会者としてせっかく熱弁ふるったのに。(笑)

三人が楽しげにしゃべっているのが想像できて笑ってしまいました。

もちろん面白いだけでなく、それぞれの日本サッカーへの思いを熱く語るところもあり、またお互い彼らがリスペクトしあっているのが随所に感じられる対談で、非常に読み応えがありました。

number2

宮本&井原によるキャプテン論

これは対談とは違いますが、日本代表のキャプテンとして印象に残るこの2人がそれぞれのキャプテン論を語ってくれています。

井原キャプテンの頃は、初のワールドカップ出場を目指して経験が少ないながらも一つにまとまったチームでした。宮本キャプテンの頃は、中田、中村を初め日本人選手が海外でどんどん活躍するようになり、海外組・国内組というカテゴリーができた頃でした。

二人が当時、どんな気持ちでキャプテンマークを巻いていたのかそれぞれ熱く語ってくれています。

キャプテンは大変だ。

川口と楢崎の対談

長きに渡って日本代表のGKとして君臨してきた2大GKである川口能活、楢崎正剛の対談。

GKというたった一つしかない(しかも交代もまずありえない)特殊なポジションで、永遠のライバルとしてしのぎを削ってきたこの二人がガッツリ対談しています。

なかなかお目にかかることのないこの二人の対談は、感慨深いものがあります。

山雅の反町監督と湘南のチョ監督の対談

2015年シーズンJ1で旋風を巻き起こさんとする松本山雅、湘南を率いる名将二人による対談。

それぞれ強烈なサッカー哲学と野望を胸に秘めた2人が、熱い思いを語り合っています。

今年はこの2チームがJ1の舞台でどこまでやれるか大注目です。

ハリルホジッチ監督ロングインタビュー

最新情報である日本代表新監督ハリルホジッチ氏のロングインタビューも掲載しています。

ユーゴスラビア代表の選手時代のことから、W杯ブラジル大会でのアルジェリア代表でのことまで語ってくれています。そしてもちろん、日本代表にかける思いも!

オシムが推しているだけあって、知性と熱いハートを併せ持つ好人物なのがよく分かります。

頼むぞ!ハリルホジッチ!

サッカーファンなら買い!

他にも、オフト、ピクシー、リティなどが日本代表の現状を語ってくれていたり、サッカーファンで知られるタレントの土田が日本サッカーについて語っていたり、とにかく情報満載です。35周年記念号の名にふさわしい中身になっています。

ここ20年の日本サッカーの歴史を体感してきたサッカーファンなら、たまらないと思います。絶対手元に置いておきたい一冊です。

これだけの内容でたった580円で売るなんて、ちょっとやりすぎですよNumberさんw

売り切れ御免!

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

Pick Up