サッカー語り人

好き放題サッカーについて語っています

W杯2014

ワールドカップ2014を予想!in group D(ウルグアイ・コスタリカ・イングランド・イタリア)

ワールドカップ2014を予想!in group D(ウルグアイ・コスタリカ・イングランド・イタリア)

groupD チーム紹介

ウルグアイ

 南米予選では大苦戦の末、なんとかプレーオフに勝利し本大会出場の切符を手にしたウルグアイ。予選で苦戦したもののスアレス(リバプール)、カバーニ(PSG)という決定力抜群のFWコンビは世界最高峰と言っても過言ではない。
 DFラインを統率するゴディン(A・マドリー)、GKムスレラ(ガラタサライ)ら守備陣が、ウルグアイ得意のカウンターサッカーを後方からしっかり支えられるかどうかに勝負の命運はかかっている。
 現在はC大阪で活躍するフォルランがスーパーサブとして活躍できれば、前大会に続いてトーナメントを駆け上がる可能性はある。

コスタリカ

 個人的に、非常に興味のないチームなので割愛する。

イングランド

 厳しい欧州予選を首位で突破したイングランド。長年に渡ってイングランドの中盤に君臨するランパード(チェルシー)、ジェラード(リバプール)が攻守の要。ウォルコット(アーセナル)、スターリッジ(リバプール)、ウェルベック(マンU)ら若手FWが台頭してきているものの、やはり攻撃はルーニーに依存している感が否めない。
 どうもイングランドはチーム一丸となれるイメージが無く、いつも本大会では力を出し切れない印象が強い。今や大ベテランとも言えるジェラードを中心に戦う集団に化けることができればトーナメントを勝ち進む力は充分にあるが・・。

イタリア

 第1シードに入ってないのが不思議すぎるイタリア。今大会を最後に代表引退を表明しているピルロ(ユベントス)が芸術的なピンポイントパスで強力な攻撃陣を操る。
 プランデッリ監督曰くFWはバロテッリ(ミラン)、ジュゼッペ・ロッシ(フィオレンティーナ)のツートップが理想らしいが、37歳になったローマの王子様ことトッティは今シーズン好調を維持しておりサプライズ選出もありえる。さらに脅威のスピードと決定力を持つストライカーエルシャーラウィ(ミラン)が故障による長い休養期間を経て復活する可能性もあり、攻撃の組合せは多彩。
 ピルロはかなりおじさんだが、その周りで中盤を支えるデ・ロッシ、マルキージオ、モントリーボはまさに円熟期を迎えておりチームに安定感をもたらす。
 36歳にして今だ世界屈指のGKブッフォンが守るゴールはそう簡単にはこじ開けられないはず。
 バロテッリが機嫌よくプレーしさえすれば、優勝しても何らおかしくはない。

予選突破確率

予選突破確率
 イタリア 70%
 ウルグアイ 65%
 イングランド 62%
 コスタリカ 3%

 イタリア、ウルグアイ、イングランドの三つ巴です。イタリアがやや固いかなと思いますが、この3チームならほぼ互角と言えるでしょう。コスタリカはほぼノーチャンス。

予想

 脳内シミュレーションでは、

ウルグアイ × コスタリカ
イングランド × イタリア
ウルグアイ イングランド
イタリア × コスタリカ
イタリア ウルグアイ
コスタリカ × イングランド

 こんな感じです。

1位 イタリア
2位 ウルグアイ

 ジェラード無念の予選敗退!

W杯2014 グループD日程|スポーツナビ

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

Pick Up