サッカー語り人

好き放題サッカーについて語っています

ニワカ?戦術通?あなたのサッカー観戦力レベルは?

calendar

reload

ニワカ?戦術通?あなたのサッカー観戦力レベルは?

サッカー観戦力レベル

 サッカーは奥が深いです。

 その奥深さを感じるにはそれなりの観戦力が必要です。

 同じ試合、同じシーンを見ても、サッカー観戦熟練者とサッカー観戦初心者では見えているものが全く違うものです。
 今日は、初心者レベルから熟練者レベルまでそれぞれの観戦力レベルで何が見えるのか一つ一つ解説していきます。

レベル1 シュート

 観戦初心者がまず目を奪われるのがシュートシーンです。華麗なシュートが決まるゴールシーンというのは、例えサッカーのルールを知らない人でもその凄さが分るはずです。

レベル2 アシスト

 ゴールが決まった時に「今のはパスが良かったね。」とシュートした選手ではなくその手前のパス(アシスト)の上手さを評価できるようになります。

レベル3 動き出し

 ゴールが決まった時に「今のはいい動き出しだったね。」とシュートではなく、その選手がパスをもらう為にいかに早くスペースに動き出していたか、またマークを外す為の動きの工夫などが見えるようになります。

レベル4 オフサイド

 オフサイドに敏感になります。微妙なタイミングで最終ラインを抜け出した時、まず線審に目が行きます。そのままの流れでゴールネットを揺らしてスタジアムが歓喜に沸いても、線審が旗を挙げているのを知っているので一人冷静でいられます。

レベル5 ファーストタッチ(初級)

 ゴールが決まった時、「今のはワンタッチ目で決まったね。」とシュートを打った選手のファーストタッチ(トラップ)の上手さが分るようになります。シュートよりも、最初のワンタッチで自分のボールにしてしまう技術を評価出来るようになります。

レベル6 ファーストタッチ(上級)

 ファーストタッチの狙いが分るようになります。なぜファーストタッチでそこにボールを置いたのか、そこにボールを置くことでどんなシュートを打てるのか、どんなパスを出せるのか、どういうプレーに移れるのか。
 一流の選手はマーカーをかわしつつも自分の思い描くプレーにすぐさま移れるところへファーストタッチでボールを置きます。それはまさにcm単位です。シュートもパスもドリブルもフェイントもそのファーストタッチの正確性があるからこそ生み出されるものです。

レベル7 スペースを作る動き

 スペースに入っていく選手ではなく、相手DFを引っ張ってスペースを作るフリーランが見えるようになります。「今のは本田がCBを引き付けて作ったスペースに香川が走りこんだんだよ。」と自慢げに解説できるようになります。

レベル8 連動

 いわゆる3人目の動きというのがよく見えるようになります。パスというのは出し手と受け手だけが連動しているわけではありません。2手先を読んでスペースへ走りこむ選手が3人目の動きです。その複数人数が絡んだ連動・連携の上手さに気づきます。

レベル9 ボランチの重要性

 サッカーのフィールドプレーヤーは皆平等です。特殊なことをしていいポジションはありません。全員やってることは走るか蹴るかだけです。しかしボランチと呼ばれる中盤の選手はやはりチームを動かす重要な役割を担っています。
 またボランチにどういう選手を置いているかで、そのチームの戦術的方針が見えてきます。

レベル10 個人守備

 守備の上手さを評価できるようになります。1対1の局面で止めるとかヘディングで競り勝つとかは比較的分りやすいのですが、ポジショニングの良さとか、カバーリングの素早さ、読みなどといった総合的な守備力というのは、なかなか評価するのが難しいものです。そういうボールの無い場所での守備力というものも感じられるようになります。

レベル11 組織守備

 チーム全体の守備組織がどういう風に機能しているか、その全体像が見えてきます。4-4のツーラインになっているのか、5-4なのか、4-1-4というようにツーラインの間にアンカーを置いているのか、と言ったシステムについて、またチームの守備の約束事や、特に注意を払っている点、守備戦術の狙いなども、ゲームを見ていると手に取るように分ります。

レベル12 ビルドアップの攻防

 早送りされがちなw、自陣DFラインでのボール回し、ビルドアップに注目するようになります。DFの枚数、サイドバックの位置取り、ボランチの位置取り、どういう意図で前にボールを運ぼうとしているのか?また相手の前線のプレスの強度、人数のかけ方、どういう守り方をしようとしているのか?といった守る側の意図も見えて来ます。
 ゴールからは一番遠いながらも攻撃の第一手とも言えるビルドアップが思い通りに進められるかどうかは、試合展開、ゲームバランスに大きく関わってきます。
 華やかなゴールシーンはあくまで結果であり、緻密なビルドアップ、その攻防にこそ現代サッカーの戦術のディティールが詰まっていると感じるようになります。

レベル13 ゲームバランス

 ピッチ上の各選手の特徴、配置のされ方などから、大まかなゲームの流れ、バランスを推し量ることが出来るようになります。そして、ピッチ上で起こっていることを理論的に説明出来るようになります。また、そのゲームの流れを変える効果的な一手(選手交代やフォーメーションの変更)を高い精度で推測できるようになります。
 ただし、いくらサッカー観戦力レベルが高くなったからと言ってtotoで大儲けできるわけではありません。サッカーはカオスです。

レベル14 戦術のトレンド

 時代とともに移り変わる戦術のトレンドに敏感になます。
 優れた戦術が勃興し大きな成果を上げると、それに倣うチームが多く現れ、その戦術が一つのトレンドとなります。
 戦術というのは結局のところ、限られたリソースをどう消費するかの配分バランスだと言えます。あくまでバランスの問題なので、全てにおいて完璧な戦術というのはありえません。
 時が経つとそのトレンド戦術を攻略しうる対策が考案され、また大きな成果を上げることになります。そうやってサッカーの戦術は盛者必衰、諸行無常の歴史の中、進化を繰り返しています。
 そういった戦術の移り変わりの根底に流れる思想やそのメカニズムというのは、サッカーに対する深い理解と、長きに渡る観戦歴があって初めて感じることができるものです。

レベル15 ゴール

 一周まわって結局、ゴールシーンに興奮します。
 どんな優れた戦術よりも、完璧な連動よりも、たった一人の圧倒的閃きがゴールにつながった時、何もかもを忘れて立ち上がって拳を突き上げているいる自分に気付きます。
 初心者であれ、ニワカであれ、戦術家であれ、ゴール一つで共に喜び合える、それがサッカーの素晴らしいところです。



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

ゴールを決め続けるストライカーに絶対必要なものとは?
サッカーにおける「組織力」とは何なのか?
ズバリ!!野球とサッカーの本質的な違い
よく分かる!ポゼッションサッカーとは何か
ここが違う!抜けるドリブラーの条件
オフサイドって何? もしサッカーにオフサイドが無かったら・・

folder サッカー総論

2013年にオフサイドルールが改正されたけど改悪すぎる件
オフサイドって何? もしサッカーにオフサイドが無かったら・・
ニワカ?戦術通?あなたのサッカー観戦力レベルは?
more...

folder Jリーグ

No Image

山口蛍と扇原貴宏が決めたツインシュート動画が半端ない
[ACL] FCソウルが審判買収?!試合終了間際にありえないPK連発で広島とドロー
more...

folder 日本代表

Number創刊35周年記念号がヤバすぎる件

No Image

アギーレが目指すアンチポゼッションサッカー
more...

folder レジェンド

魔術師ロナウジーニョの信じがたいプレー動画集
元祖ファンタジスタ!ロベルト・バッジョのスーパープレイ動画
史上最高のMFジダンのベスト30ゴール動画と、ジダンの頭の話
more...

folder その他

Number創刊35周年記念号がヤバすぎる件
山口蛍と扇原貴宏が決めたツインシュート動画が半端ない
豪華すぎる!!ナイキ、アディダスの傑作CM動画を集めました
more...